toggle
2019-08-10

2D仏像顔出し看板作品紹介 : 金剛力士像

2D仏像顔出し看板 vol.3

金剛力士像 ( こんごうりきしぞう )

 

語り部

 ニシユキテンの中の人
 2D仏像顔出し看板アーティスト ニシユキ
 今回は金剛力士像のお話です。
金剛力士像といえばお寺の入り口に門番のように立っている印象があるあの人たちのことですね。

 そうそう。「阿(あ)」と「吽(うん)」ね。
 金剛力士像はなぜ阿と吽の2体がいるの?
 日本語ってあいうえおの「あ」から始まって「ん」で終わるでしょ?
だから始まりと終わりを意味しているって説があるの。
 おぉーなるほどー!
 あなたにとって金剛力士像との思い出ってあるの?
 高校生の時に、美術部に入ってて、彫刻をする美術の先生に教えてもらってたの。
 うん。
 油絵に進むか、彫刻に進むかを悩んでた時に、その先生が、彫刻をする人間なら仏像は一度は通る道だ って話をしてくれたの。
 うん。
 立体を作るときの筋肉や仕上がり具合は、すでに運慶や快慶が作り上げた金剛力士像の時代にすでに出来上がっているから、それ以上のものは作れないって話をされたのね。
 へぇー!
 今思えば、仏像に興味を持つひとつのきっかけになっていたのかもしれないなぁ。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です