toggle
2019-02-25

[ナムポケット1]ここは、居酒屋ではないの巻

皆様、ごきげんよう。

2月17日に本願寺広島別院にて行われた「ナムポケット」。
沢山の方が会場にお越しくださいました。
ニシユキテンのワークショップブースにも、お子様達を中心に、顔出し看板をつくるワークショップの体験や、2D仏像顔出し看板を体験するため、多くの方にご参加頂きました。
ありがとうございました。


入口をはいってすぐのアーチ。


会場内に配置された立体看板。


アーチに2D仏像顔出し看板を置いて、こっそりコラボ。


別院と青い空。


会場内の様子。

当日の様子をダイジェストにて幾つかご紹介したいと思います。

■ここは居酒屋ではないの巻

小学生男子達が顔出し看板ワークショップの体験にきてくれました。
どの子も元気いっぱいで、
「おれ、やるー」「おれ、見とくー!」と、それぞれのやり方で、楽しんでいました。
しばらく様子を見ていると、色塗りをしている子も、その様子を見ている子も、それぞれが自由に過ごしていてとても楽しそうにしていたので、

「みんな、仲が良いんだねえ〜。」

と、声を掛けると、

「そうなんだよ、長い付き合いなんだよー!」

と、居酒屋で遭遇したサラリーマン同士の会話みたいになっていました。
話を聞くと、どうやら、彼らは2歳児の頃からの付き合いだそうです。

ちなみに、その中の1人から、

「オレ、別院をゲームで作ってるからね!」

と、突然の告白。
ゲームで別院を作る?と一瞬「?」が脳内に浮かびましたが、実はライトゲーマーな一面を持っている私。すぐさま、

「え?もしかして、マイクラで別院作ってんの?」

「そうだよ!」

「え!!、本当に?すごいな!!見せて、見せて!」

と自慢の品を見せて頂くことになりました。すぐさま、少年は、カバンの中からゲーム機を取り出し、ピコーンと起動した画面から披露して頂いたソレは、まぎれもない“本願寺広島別院”そのものでありました。
「ええもん、見せてもらったなあ…」と、思わず目を細めてしまいました。
少年達、たのしい時間をありがとう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です