toggle
2017-07-28

[向源2017] ふりかえりの巻 その1

皆様、ごきげんよう。

あら、やだ!!

いつの間にか、爽やかな新緑の季節から真夏日真っ最中な季節に、いつの間にかどっぷり使っておりました…

3月から5月にかけ、「向源2017」に参加するため準備を進めておりました。
自分にとって、[向源]は、“寺社フェス”なるものを率先して実行されている憧れの存在でしたので、今回少しでも関わらせて頂いたことが本当に嬉しくて、自分なりに気合いをいれて挑んでいたのですが、イベント後の燃焼具合が想像以上に大きかったようで、なかなかブログにまとめることができませんでした。

せっかくですので、「向源を迎えるまで〜終わってから」のちょっとした日常をご報告したいと思います。

■「向源2017」開催2か月前:3月

3月上旬に「向源2017」での各イベントのチケット発売が開始されたころ、イムイムの西園様経由でニシユキテンにもオファーの連絡がありました。

2017年のテーマは「かわりたい」

なるほど!

ニシユキテンで展開できるラインナップは、顔出し看板、顔出し看板をつくるワークショップ、「等身大お釈迦様双六」等があるのですが、今回は、2D仏像顔出し看板でじゃんじゃん変身してもらえるよう、顔出し看板のみで展開することになりました。

新しいグッズの展開も兼ねて、ジワジワと活動再開!した次第でございます。

■「向源2017」開催1ヶ月前:4月

・グッズについて

新商品のグッズ展開に向けて、少しずつスケッチを描き始めていきました。とはいえ、新作の顔出し看板も準備しなければならないので、同時進行での作業となります。この頃から、ジワジワとニシユキテンのInstagramにも活動状況をアップしていきます。

ちなみに、今までグッズ展開の為に描いた仏像イラストは、現時点では全て商品化されてはいないので、またいつの日か、お披露目する時がくると思います。首を長くしてまっていていただけるとこれ幸いでございます。

個人的には、「ニシユキテン このグッズ、何の使い道があるの?でも、かわいいよね!」ランキング1位(当社比)に君臨している「帝釈天オーナメントカード」が結構お気に入りです。今後は、こちらの1種類ではなく、いくつかの種類を展開させて充実していきたいです。

・顔出し看板制作について

2013年秋頃から展開している2D仏像顔出し看板ですが、当初は下書きもせずに直接筆で段ボールに描いておりました。当時は、バランスが崩れた形になったりと、なかなか今以上に味のある仕上がりでございました。

ここ数年は、鉛筆で下書きを描いた後、アクリル絵の具で色付けをおこなっております。現在、1体あたりの製作日数は、1日あたりの制作時間が2~3時間前後だとすると5~7日間あれば完成します。(丸一日作業ができる日が多いと、これよりも随分早くに完成することになります。)

理想の作業工程は、1日~2日かけて下書きをおこない、中1日は時間をおいて寝かして全体のバランスがあっているか確認します。そして、残り2~3日間ほどかけて色塗りをおこない、鉛筆跡を消しゴムで消し、周りをカッターで切り抜いていきます。既に下書きの段階で顔と手の部分をどんな風にくりぬくかを想定しておりますが、色塗りが終わり、いざ切抜きの段階で再調整をして板段ボールをくり抜いていきます。くり抜きが失敗しないよう再考する時間も重要になってきます。

IMG_3185s

IMG_3186s

・顔出し看板の配送について

過去に参加したイベント(岡山、徳島、京都等)では、中四国や近畿地方での開催が多かったので、乗用車に大量の顔出し看板を乗せて現地まで繰り出していたわけですが、さすがに東京まで運転は難しいだろうということで、事前に顔出し看板を発送することになりました。

梱包したのは、発送日当日というこれまたギリギリなスケジュールではありましたが、なんとか無事に運送屋さんと連絡もできまして、東京へむけて発送することが出来ました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です