toggle
2016-08-06

東急ハンズ 京都店 2日目

IMG_1327s

皆さま、ごきげんよう。

東急ハンズでの「印象的だった出来事」をご紹介いたします。

■言葉にならないレディの巻

1日目には、ただひたすらに「素晴らしいです!」しか言えずそっと桃を置いて帰った素敵レディがいらっしゃいましたが、2日目のとあるレディはさらに言葉がうかばなかった模様。顔出し看板の存在に気が付いてからしばらくは、「えーーーーー!?!」の言葉しか聞いていません。ちなみに( )内は表情から読み取った心の状態とします。

レディ「えーーーー!?!」(え、やだ、なにこれ!)

ニシユキテン「こちらは仏像になれる顔出し看板なんですよ」

レディ「えーーーー!?!」(え、うそ、信じられない!)

ニシユキテン「色々なタイプの仏像がありますんで…」

レディ「えーーーー!?!」(え、ほんとに?)

ニシユキテン「こちらは、最新作の2.5D顔出し看板ですよ」

レディ「えーーーー!?!」(え、みたことない、うそうそ!え?!)

と、しきりにびっくりしながら、2.5D顔出し看板の大日如来様をかぶっていらっしゃいました。装着後は、

「いや、もう、なにこれーーー!

 えーーーーーーー!?!」(喜)

と、とても楽しそうにしてらっしゃいました。

 

■「えーーーん!」ひたすら泣く子どもの巻

親子連れでの参加もウェルカムな2D仏像顔出し看板。

親御さんの方がノリノリ!な一家もいらっしゃいます。

まだ小さなお子様は、段ボール板自体が怖い存在のようで、顔をそっとかざすこともできないぐらいにギャン泣きするお子様も…

「じゃあ、僕がやります」

と、すちゃ!と慣れた手つきで装着するお父様。
何度か足を運んでいただいている方なので、対応も素早く頼もしい限り。

お子様は、もうちょっと大きくなってから存分に楽しんでくださいね!
お待ちしております!

 

■ただ驚くレディの巻

通りすがりに顔出し看板に遭遇し、思わず声を発してしまう方もいらっしゃいます。

「なに?!これ!」

ええ、しごく自然な反応でございます。

 

■決断力の早いナイスガイの巻

ニシユキテングッズをご覧になっていたご家族(ご主人、奥様、お子様)。

ニシユキテンの中の人が対応し、顔出しハンコの説明などをしていると、

「いやあ、おもしろいなあ~!」

と絶賛している模様。数分後、グッズコーナー回りが慌ただしくなり、自然に顔出し看板体験ゾーンへと流れこんでこられ、とても楽しそうに2D仏像顔出し看板の体験をされて会場をあとにしておりました。
あとで、物販ゾーンの様子を中の人に話を聞くと、

「いやあ、おもしろいなあ~!」

のあと、

「よし、買おう!!!」

と即決即買い。

とても勢いのあるご家族で、決断力のあるナイスガイと奥様でした。ありがとうございました。

 

■下準備バッチリ!なレディの巻

7月初旬に、つくるビルさんのイベントで出会った際に、顔出し看板の作り方を簡単ではありましたが、そっとレクチャーしたことのあるレディ。その時からとても喜んでいただいておりまして、先日のイベントにもわざわざ足を運んでくださいました。

早速、様々な種類の顔出し看板を前に大変興奮され、色々と試しておられました。

ニシユキテン「写真、撮りましょうか?」

レディ「えぇ?!いいんですか!お願いします!!!」

と渡されたiPad。とても満足そうにiPad様を託されたのですが、その時に、

レディ「いや、もう、わたしはっ、この日のために、(iPadの)充電をしてきました!!!」

とのこと。さすがです、気合が違います。

ニシユキテン「そうなんですね~」

レディ「そうなんです、今日は充電は、まんぱんなんで!!!大丈夫です!!!」

準備バッチリですね!と何枚かパチリパチリと写真に収めていると、データ容量がいっぱいの表示が…

レディ「あぁ…画像を、画像を消さねばなりませんね…」

と、がっくりと肩を落としながらお気に入りの海老蔵画像やMUSASI画像を削除し、容量を確保しておられました。その後、無事に空き容量を確保されたようで、容量まんぱんのiPadを駆使して沢山記念撮影をされておられました。ありがたいことです。

 

■通りすがりのダンディの巻

通りすがりのご夫婦。ご主人が2D仏像顔出し看板をちら見した際に言い放った一言。

「おい!えらいものみたぞ!」

えぇ、間違いないでしょう。

 

以上、「印象的な出来事」でございました。

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です