toggle
2021-07-14

巨匠ボールペンは本当に並んでいました!

岡山県立美術館で開催している「ヨーロッパ絵画400年の旅 珠玉の東京富士美術館コレクション 」展を鑑賞してきました。

なかなか見応えたっぷりの展覧会で、歴史画から、肖像画、風景画、新しい表現方法への変遷など、83点の絵画作品が並んでおりました。

個人的に、ジャン=フランソワ・ミレーの《鵞鳥番の少女》(1866-67)と、ミケーレ・ゴルディジャーニの《シルクのソファー》が気になりまして、ポストカードを買って帰りました。

ちなみに、物販コーナーに立ち寄りましたら、レジの近くに本当にニシユキテングッズのお髭姿をした巨匠おじさんボールペンがこっそり並んでいました!

よく見ると、ナポレオンに指差されてるみたいになっていますね。

どうやら、今のところ、モネさんとセザンヌさんが人気だそうですよ。
ティントレットさん、レミーさん、ルノワールさんにも幸あれ!と願うばかりです。(^^)

「ヨーロッパ絵画400年の旅 珠玉の東京富士美術館コレクション」
https://www.rsk.co.jp/event/fujibi/
[会期]2021年7月9日(金)~8月29日(日)
[開館時間]9時から17時(入館は閉館の30分前まで)
※7/31(土),8/13(金),14(土),28(土)は20:00まで開館
[休館日] 月曜日(祝日の場合は開館)、8月10日(火)
[会場]岡山県立美術館
〒700-0814 岡山市北区天神町8-48
https://okayama-kenbi.info/
[主催]岡山県立美術館、山陽新聞社、RSK山陽放送

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です