toggle
2016-04-26

「モジモジ日記」の更新についての想い

IMG_0453s

皆さん、ごきげんよう。ニシユキです。
今日はちょっと真面目にというか、ちょっとばかし赤裸々に書いてみようと思います。

実は、「モジモジ日記」について、ここ数年、実はどうも心苦しくなりながら更新しておりました。
どこかへ旅にでかけたときのお話や、イベントの様子、印象的だった出来事、面白かった本や漫画、制作日記等、基本的にはとりとめのないお話が多かったかと思います。

読んでいる方には、さほど気には留めないかもしれませんが、個人的に

「これは読んでいて面白いのだろうか…」

と、自分でも疑問に感じることが多くなっておりました。義務感や、迷いながら書いていた日もありました。いわゆる迷走中というやつです。

というのも、制作風景や進捗状況をブログに掲載セネバ!と前のめりになってはいるのですが、一旦立ち止まって我が身を振り返ると「はて、私は何をしているのだろうか…」と足元が見えないまま月日が経過し、「今日は、特に何も書くことがなかったなあ」と甘ったれながら眠りにつき、イベントや展覧会直前になって事の重大さに気づいて慌ただしく動き始め、急いで告知をする…

そんな日々を繰り返しながら毎日を過ごしておりました。

そう。

 

今自分が「何」をしているのか分からないまま、ずっと生活していたのです。

 

立ち止まらないと何も分からないまま、顔出し看板を作っていたのです。

 

これは、とても恐ろしいことです。

 

何度となく繰り返してきたこの「魔の制作ルーティンワーク」は一体どこからくるのか。

 

冷静に考えてみましたら、「何も書くことがない」のは、おそらく、「何もできていない自分」を真っ向から直視したくなかったのだと思います。

 

出来るはずだと思い込みながら、できない自分と対峙するのは、とてもやる気がそがれます。やる気がそがれるので、直視したくないと思うようになり、目先の楽しいことへと向かっていき、後になって痛感するのです。

 

時は戻らないし、動かなければ何も変わりはしないのだと。

 

このままでは、せっかく楽しみにしてイベント会場に足を運んできた方や、応援してくれる方、「ニシユキテン」の情報を見るためにサイトを訪れた方、各イベントに関わる全ての方に対して、とても失礼なことをしているのではなかろうか。
常々インターネットで情報を公開しているのですから、いつどんな時でも誰もが目にする「オフィシャルな情報」を公開しているという意識は常に持っていないといけません。

むしろ、この記事も、オフィシャルな情報とは遥にほど遠い独りよがりな内容かもしれません。

ですが、どんなささやかなことであっても、なるべく毎日更新しつづけようと思います。

とても小さなことですが、何か手ごたえを感じる毎日を意識的に作らないと何も始まらない気がするのです。

 

基本的には何かしら楽しい気持ちで、時には後ろ向きになったりする日もございますが、

もしかしたら、

「今日は、特に何もない普通の一日でありました。ありがたいことです。」

の一文で終わるかもしれませんし、

「今日は、大変困ったことがありましたが、世の中の大参事に比べると私の身に降りかかったことなどしごく小さなことです。」

の一文でしたためるかもしれません。

皆さんにとってはしごく当たり前の事かもしれませんが、そんな、ささやかなことを敢えてマメに更新し続けていこうと思っております。

3日坊主になるかもしれません。
とりあえずは3日、7日、10日、2週間…と少しづつ記録が増えていけるようにしたいです。

改めて。

どうぞ「ニシユキテン」「ニシユキテン モジモジ日記」を

宜しくお願いいたします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です