toggle
2014-09-22

黄泉の国

IMG_8380s本日9月22日(月)が千秋楽を迎える宝塚 花組公演「エリザベート」。

先日、前々楽ではありましたが、ヅカ友さん達と一緒に観劇してきました。

実は、ヅカ歴は約3年+約6年の約10年間であります。なんだかややこしい話ではありますが、中学生の頃の天海祐希さん演じるアンドレにはまり、卒業されてからは15年程足が遠のいておりました。しかし、2009年月組公演の「エリザベート」にて瀬奈じゅんサマ演じる帝王トート閣下に魅せられ、黄泉の国へ連れて行かれたその日以来、今でもヅカ生活が続いております。

今回は、花組、明日海りおさんのトップお披露目公演、トップ娘役蘭乃はなさんのサヨナラ公演でもありまして、話題性も充分、演目も間違いなし、配役も絶妙!にもかかわらず、宝塚友の会では抽選に見事はずれてしまいましたが、なんとか2回!観劇する機会に恵まれました。(ヅカ友さん、ありがとう!)

どうやら、宝塚での公演期間中、当日券を手に入れようと毎日沢山の人が毎日並んでおるようで(徹夜組もいたそうです)、1度見たら通ってしまいたくなるのもわからなくもない、そんなステキな舞台でした。

東京公演もあるので、さらにバージョンアップした内容になるんだろうなあ。有楽町にまた人が詰めかけるね、こりゃ。

明日海りおさんのトート閣下はもちろんですが、北翔海莉さん演じるフランツがまた素晴らしく、思い出しただけでも目頭が熱くなります。感情が表に出ない難しい役所ではありますが、押さえ込んだ感情をとても上手に演じ分けていました。老年期のフランツは、資料写真にある皇帝そのもので、そこにフランツがいるかのようでした。

上の写真は、望海風斗さん演じるルキーニの「グランデ アモーーーレ!偉大なる愛だー!」の真似です。ありゃ、真似したくもなるよ、うん。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です