toggle
2015-03-01

顔出し看板についての取材 その1<山陽新聞>

IMG_0964

2月の下旬、山陽新聞の記者三宅さんから“顔出し看板についての取材依頼”がありました。
私のような者でよろしければ!ということで、二つ返事で引き受けた次第であります。
(詳しくは、「ニシユキ、顔出し仏像看板について取材を受けました。」を御覧ください。)

さて、取材の内容は、
・そもそもいつ頃から顔出し看板を作るようになったのか
・仏像に興味をもったきっかけは何か
・顔出し看板と仏像を組み合わせや顔出しにした理由
・2D顔出し仏像看板の楽しみ方や顔出し看板の作り方
などをお話してきました。

取材を受けながら、着ぐるみ姿から2D看板への制作スタイルの変化を改めて自分なりに見つめ直すこともできました。
「2D顔出し仏像看板自体は、装着すると自由に動くことができますし、なんといっても、仏様の御姿に変身するだけでなく、看板を装着した者同士お話しすることもできますよ!」
とセールストーク(?)を展開。壁に立てかけた2D仏像看板をうっとりと眺めながら、終盤は仏像トークに花が咲き、
“最近拝見した仏像話”
に夢中になってしまいました。
記者の三宅さんが遭遇した大きな仏像のお話がとても興味深かったです。

記事は、3月中に掲載予定だそうです。楽しみです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です