toggle
2015-01-17

ボードゲームの巻

ここ最近、我が家ではボードゲームがはやっておりまして、ごくたまにではありますがプレイする機会が増えてきました。
友人知人家族らとボードを前にすると、純粋に心から「おもしろいなぁ〜」と感じることが多くなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そういえば、今だに一度もちゃんとゴールしたことのないボードゲーム「ロード・オブ・ザ・リング」が自宅にありますが、これはちょっと根気がいります。

一時期、「ロード・オブ・ザ・リング」にハマっていた時期がありまして、素敵グッズを探してはウットリとため息をつくという日々を繰り返していていたら偶然見つけたものです。普通のすごろくを想像して買ったのですが、立派なコマとボードとカードが何枚も封入されていて、説明書の文字は小さくて難解…
ボードゲーム慣れしていない私にはちょっとハードルが高いシロモノでした。
今年中にはプレイ完了したいものです。
また完走(?)した際にはご報告致しますね。

そういえば、小学生の頃は、友人と「あんみつ姫」ボードゲームにハマっていた時期がありました。
1,000円程で入手することが出来たのですが、お手頃値段の割に小学生女子のハートを鷲掴みにした優れものでありました。
今も大事にとっておけばよかったとちょっと後悔しております。

さて、本題に戻りましょう。

先日、倉敷のエスパスにて毎週金曜日に開催されている『ゲームナイト』に行ってきました。
ちょうど、ボードゲームをする機会もあったそうなので、お邪魔してきました。

今回遊んだゲームは3種類。
アメリカ大陸を電車で旅行した気分になれるボードゲーム「チケットトゥライド」とカレー粉を集めてカレーレシピを作るボードゲーム「サフラニート」、ジェンガみたいに棒を一つづつとっていき倒れたら負け〜なゲーム「マングローブ」です。
マングローブは、なぜか間違えてバンビーノと言い間違えてしまうのは私だけでしょうか。

「チケットトゥライド」では、目的地カードを引き、指定された都市から都市へ、線路を引いて電車を敷いていくというものです。
電車カードを引いて、ボードに描かれたレールの色と同じ色の電車カードを集めて、ただひたすらにレールを敷いてくわけですが、目的地の途中にはレールが単線しか引くことができないところもあり、泣く泣く横断を諦めたり、遠回りをしたりとなかなか一筋縄ではいかない面白さがつまっておりました。

「サフラニート」は、これまた説明するのが非常に難しいのですが、ボードにはカレーを作るためのスパイスの絵がいくつか描かれていて、そのスパイスの絵に向けてコインを投げて、絵の中に収まるとそのスパイス(カード)を入手し、スパイスの組み合わせをによって様々なスパイスカードを集めることが出来るというものです。
スパイスカードが3枚集まれば勝ち!なのですが、これがなかなか難しくて集めるのに苦労しました。
机の周りをグルグル回りながら、狙いを定めてスパイスに向けてコインを投げていく姿も冷静に考えるとちょっと奇妙で面白い光景でした。
せっかくいい場所に投げたと思っていても、他のプレイヤーから邪魔が入ってコインが飛ばされたりもします。
いわゆるカーリングみたいな感じですね。

結果は、大陸鉄道王にはなれませんでしたが、カレー王にはなるとこができました!!

20150117-1

20150117-2

20150117−3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です