toggle
2014-11-30

ヅカがわが町に!

h-kt-poster

先日、宝塚歌劇団がわが町倉敷へやってきましたので、早速、ヅカ友さん、家族と一緒に観劇してまいりました。

演目は、星組 紅ゆずる演じるレット・バトラーが登場いたします「風と共に去りぬ」であります。

演目は、お昼2時と夜の6時からの2回公演ですので、まあ、時間はたっぷりあります。

午前中10時30分には会場に到着し、ファンクラブの会の方のお邪魔にならないよう、入り待ちするために楽屋口にスタンバイ。
30分〜40分程経過しましたら、星組さん達が乗った大型バスが到着しました。
動画も撮ったけれど、なんだか申し訳ないので私のこころに収めておきます。うふふ。

遠目からでしたが、続々とスターさん達がおりてくる度に歓声が上がっておりましたよ。
紅ちゃんが登場した際にはより大きな歓声が上がり、続いて如月蓮さん(れんれん)、天寿光希さん(てんてん)達をこの目でしかと焼き付けておきました!
印象的だったのは、スカーレット演じる礼真琴ちゃんが登場した際も大きな歓声が。
女子高生か大学生くらいの女子達がすごく嬉しそうにしていて、ジェンヌさん達が楽屋入りし、バスが駐車された後に、運転手さん達と言葉を交わしながら、
「ここの手すりを触ったんだわ〜〜、きゃーーー!」
「真琴ちゃん、かわいかったーーー、きゃーーーー!」
とお話しされていました。
「いやあ、自分もティーンエイジャー(←言い方が既に古い)だったら、あんな風にキャッキャいってるんだろうなあ」
とコワイもの知らずな若いパワーにふれ、私は仏のような眼差しを送っておきました。

開演まではしばらく時間があったので、お昼ご飯と周辺を観光してきました。

倉敷アイビースクエアに飾られていたクリスマスツリーが印象的だったので、写真を載せておきます。

蘭寿とむ風ツリー。
蘭とむツリー

拡大蘭とむツリー。
蘭とむツリー拡大

壮一帆風ツリーと、奥に見えるのが一樹千尋様風ツリー。一樹様風ツリー、見えるかなあ。よく似てたんだよなあ。
壮さんと一樹さんツリー

どのツリーも素敵でした!

あ、肝心の演目!

「風と共に去りぬ」は、天海祐希さんが演じたレットバトラーを繰り返し見ていた世代の私。
懐かしいナンバーが盛り沢山で、どの音楽を聴いただけでもホロリと涙が出てしまいました。
昨年の宙組公演の「風と共に去りぬ」は忙しくて見に行けなかったので、久しぶりの風共を堪能できて嬉しかったのですが、やはり、悠未ひろさまのアシュレーを拝んでおけば良かったと、今更ながら後悔しきりでございます…

紅ちゃん、頑張ってたなあ。無頼漢がよく似合っておりました。
真琴ちゃんも言わずもがなですね。これからもどんどん伸び白があるから驚異的ですなあ。
メラニー役の音波みのりちゃん、美しく可愛かったです!
ベル役のてんてんを見ていると、
「あぁ、2月にはみやるりちゃんがこの役を…大丈夫かな、できるかな…」
と勝手に親心が…贔屓目でみてしまいますね。

あと、今回の一押しは、なんといっても、組長:万里 柚美様かと!!!
2幕の最初で、旦那サマへの誕生日プレゼントは何がいいかしら?とアシュレー演じる世界の彼氏:華形みつるに訪ねるシーン。
「こんなのはいかがでしょう?」
と差し出す代物は、ご当地ものがおおいそうで、倉敷公演では、岡山放送のマスコットキャラクタ「OH!くん」ぬいぐるみをおすすめしていました。
お昼公演では、
柚美様「この子の好物は煮干し(小魚だったかな)なんですって!」
といって去っていくお姿…
夜公演では、
ぬいぐるみを見た瞬間に
柚美様「そちらはもう頂いたわ。(ちょっとプンプン)」
ひかる「いえ、こちらはパペットタイプになっております!」
柚美様「まあ、そちらを頂くわ!(上機嫌)」
といって、首にリボンが巻かれたOH!君片手に嬉しそうに履けていく姿…
さらには、噂のシーンでも、OH!君片手に
「♪お聞きになった? うそ、でしょ!♪」
と、娘役さん達と歌い上げる…
あの色気と、あの可愛らしさ…
嫌いにならないわけがない!
むしろ、好きです!!

すいません、柚美様ばかりのお話しになってしまいました。
そんな倉敷公演でした…

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です