toggle
2018-04-06

[向源2017東京]振り返り…向源2017[当日篇]

■「向源2017」当日(2017年5月5日)

スケジュールが詰まっていたため、イベント当日に東京入りしました。(久しぶりの飛行機だったので、ちょっとドキドキしました。)事前に発送しておいた顔出し看板やグッズ類は、既にイムイムの西園さん達の手によってテント内にいくつか並べられており、大変助かりました。

2016年に京都で開催された仏教ファンのためのイベント「イムイム」代表の西園氏。この方がいてくれたお陰で色々な縁が生まれました…

現場に到着してすぐ、グッズ関係はニシユキテンの中の人、看板類は私を中心に配置してお客さんを迎えました。

実は、いつもイベントに出展したときに使用している撮影する際に背景布があるのですが、今回は途中で背景布を外しました。布をつり下げてみて分かったことなのですが、広がった空間をかえって狭めてしまう恐れがあったためです。
そのかわり、見晴らしも良くなり、この日の正覚寺の境内を自由に動き回ることができたので、皆さんが思い思いの場所でポーズをとっている姿を沢山拝見することができました。

光澤様と西園氏。神々しい!

2017年の向源は、事前にチケットを購入した方のみ参加が会場内に入場できるというスタイルでの展開でした。
予約なしで体験できる参加費無料のテントエリア内では、
「体験ワークショップの合間が勝負だ!」
と、各ブースではタイムテーブルを常に確認して待機していたような雰囲気でした。


ちなみに、囲碁を普及する会の皆さん IGO AMIGOさんブースの熱気は始終熱かったです。わたくしも、途中で懇切丁寧に指導して頂きました。誠に優しい囲碁体験をすることができました。

・みっちゃん(光澤様)の御朱印イラスト


みっちゃんといえば、ヅカファンなら、元星組トップスター北翔海莉様を指しますが、仏教界のみっちゃんといえば、僧侶でもあり漫画家でもある光澤 裕顕様を指します。2D仏像顔出し看板が展開している同じブースでは、漫画家でもあり僧侶でもある光澤様の御朱印イラストが頂けるコーナーが併設されておりまして、御朱印帳があれば、御朱印のようにイラストを描いていただけるのです。
私も、空き時間に描いていただきました!かわいい~。(メロメロ)
こんな日に限って、マイ御朱印帳を持参し忘れたので、A4用紙に描いていただきました。
寺社仏閣には御朱印帳!寺社仏閣には御朱印帳!!

当日は、ずっとテントブースにおりましたので、他の体験イベントやワークショップに参加できなかったことがちょっぴり残念でございました。声明公演も聞きたかったです。

・打ち上げ参加
一日目の向源がおわり、正覚寺さんの一角で、関係者の皆さんや僧侶の皆さん、ボランティアスタッフのみなさんとともに打ち上げが開かれました。
日中は、正装姿だった僧侶の皆さんも、打ち上げ時にはラフな姿をちらほらみかけました。
昨年2016年6月に京都で開催された「イムイム –imuimu-」で出会った関係者の皆さん(僧侶の皆さんやSNS「イムイムの中の人」さん)や、テントブース出展にあたりお世話になった向井さんや、向源代表の友光さんと楽しくお話してきました。

最後、ボランティアスタッフのおひとりの女性と、すごく話が盛り上がりまして、いろんなお話をさせて頂きました。お名前を聞くのを忘れてしまったことが心残りでございます。(三井記念美術館「奈良 西大寺展」行ってきましたよ!すごく楽しかったです。)また、お会いする機会があれば、どうぞ宜しくお願いいたします。

■おまけのお話
あと、全く余談ですが、打ち上げ会場を後にする時、
「そうだ、友光さん達にご挨拶をして帰ろう。」
と会場を見渡しておりましたら、運良く友光さんの姿を発見。
「あ、友光さんだ、友光さんだ!」
と近寄って行ったら全くの別人だった、という現象を何度も体験しました。
「(髪型が)似てるよね、似てるもん、仕方ないよ。ははは」
といった出来事がございました。
僧侶あるあるでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です