toggle
2018-05-31

[テラキテ2017]愛馬カンタカの威力の巻

引き続き、2017年10月に行なわれました「テラキテ2017『結』」の模様をお伝えいたします。

■愛馬カンタカの威力

「テラキテ2017」で意外と好評だった『等身大お釈迦様双六お土産バージョン』。
ニシユキテングッズの中でもランキング上位に君臨する人気商品でもあります。

ちなみに、「テラキテ2018」でも、仏教ゲームコーナーにて『等身大お釈迦様双六お土産バージョン』も展開されるそうなので、そちらでじっくり遊ぶこともできますよ!

さて。

通常のアートイベントや雑貨イベントに出展した際には、さすがにお釈迦様になって人生を謳歌することができるこの特殊な双六をわざわざ手にする方にあまり遭遇しないのですが、ここは神戸・安養寺!しかも、「テラキテ」!
僧侶の皆さんも、入れ替わり立ち代わりブースに足を運んでくださいまして、作品や商品を丁寧に鑑賞していかれました。

お釈迦様双六のルール説明をしている時のこと。

「例えば、この『カンタカ』カードを使うとですね、サイコロの目の倍の数を進むことができるんです。しかも、自分だけでなく、他のプレイヤーにもこのカンタカカードは使えます!!」

僧侶の皆さん「!!!!!」(←一般の方とは明らかに違う驚き)

「ご本人が知らないうちに入滅した瞬間も過去にありましたよ!(※)」

僧侶の皆さん「まじか! カンタカ、やべえ、カンタカ、ヤベえ!

と異常なまでのカンタカフィーバーぶりに、私もニシユキテンの中の人も若干同様しながら、双六を袋に詰めていった一日でありました。

(※2016年9月西舞鶴でのアートイベント開催時での奇跡の瞬間。ある参加者の方が、あと5〜6マスで入滅できる段階で、他のプレイヤーがこっそりその方に向けてカンタカカードを使ったばかりに、ご本人はいつの間にか入滅してしまったという珍事件。あの時の驚いた表情は今でも忘れられません…)

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です