toggle
2017-08-31

【一日一仏】楽しいよ、の裏側で…の巻

皆さま、ごきげんよう。
一日一仏が始まり、やっと2週間が経過しましたよ!

ご覧になって頂いておりますか?

まだですか。まあ、特に大きな変化もなく仏像のイラストが淡々とアップされるだけの記事ですが、またよろしければ、ニシユキテンのInstagramか、Facebookにてご覧いただければと思います。
さて。

毎日、何かを行うというのは、目的がないと苦しいものでして、小学校の夏休みの宿題で計算ドリルと漢字ドリルを毎日解いていたことが思い出されます。

そういえば、ある年の夏休み前の事。その年は、ドリルの宿題が学校から出されていなかったので大喜びして家に帰ると、母親の鶴の一声により、

「(あんたはアホだから)とにかくドリルを毎日しなさい。」

「え、でも今年の夏休みの宿題にはドリルは出ていないよ、お母さん…」

「いいから、しなさい。とにかく、計算ドリルと漢字ドリルを毎日しなさい。」

と、訳もわからず問題を解いていたあの夏の日が思い出されます。

素直だったのか、よく分かりませんが、その年の夏はちょっと忙しかった記憶が…

いや、毎年ギリギリになるまで宿題に取り掛からなかったので、指定課題が増えようが減ろうが大差なかったのかもしれません。
ちなみに、今現在、仏像を描いていくのは大変楽しいです。
ダイエットよりも楽しいです。
「ここのこの部分が可愛いよね…!」
と一人で勝手に仏像画像を眺めてはウフフとスケッチブックに向かっております。

そういえば、先日、ニシユキテンの中の人から、
「次の新展開の内容は考えとるんか…?」
と凄まれ、
「へ、へぇ…」
と目が泳いでしまいました。
「あんたは、取り掛かるのが遅いんだから、そろそろ動かんとやべえよ!」
と、再度凄まれてしまいました。
何歳になろうとも、物事のスタンスに変わりはしないのであります。

計算ドリルと一緒ですな。とほほ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です