toggle
2017-06-06

[奈良]日帰りブツ旅行の巻 その2

■[興福寺 阿修羅天平乾湿群像展]阿修羅はまるで◯◯のようだ!

「みんな大好き!阿修羅像。
興福寺といえば、阿修羅像。
阿修羅像といえば興福寺。」

今まで、私はこのフレーズ(←勝手に作りました)がどうも自分になじまなくて、なじもうとすると気恥ずかしくて正直むず痒くなっておりました。
それでも、仏像ファンはいつかは通らねばならない、阿修羅像の存在。
勇気をだして、ついに、興福寺の阿修羅像とのご対面を果たして参りましたよ!

鑑賞前は、

「おそらく、大好きになるか、そうでもないかのどちらかなのだろう」

と思いながら、いざ、「阿修羅天平乾湿群像展」の会場となっている興福寺仮講堂へ。

今回は、国宝館が耐震補強工事のため、1年間にわたり休館されるということで、西金堂内陣の宗教空間イメージを一部視覚化されたものなんだそうです。
阿弥陀如来像を中心とした西方極楽浄土の世界が展開しております。
多夢タムさん曰く、一同に介してのお披露目もなかなかないそうなので、勢揃いされているお姿は、大変素晴らしく圧巻でございました。

阿弥陀如来像、帝釈天像、梵天像、八部衆像、十大弟子、金剛力士像、華原磬、天燈鬼・龍燈鬼像、四天王像…
もう、お腹がいっぱいです!!!

しかも、十大弟子がいらっしゃる!!!!
じっと見つめてやりましたよ!
十大弟子の皆さんを!

ニシユキテンで展開している作品「等身大お釈迦様双六」を作った時に、十大弟子の皆さんの姿を画像集をがん見してイラストに起こしたりしていたので、非常になじみがある存在になっておりましたので、より一層感慨深かったです。

そして、金剛力士像の力強さが非常に勇ましく、阿形、吽形、どちらにも魅了されてしまいました。
いやあ、カッコヨカッタ!

そして、例のあのお方。阿修羅様。
みんな大好き阿修羅像。
さすがです。下手前方にいらっしゃるのですが、阿弥陀如来像と同等のピンスポが当たっておりました。0番センターピンスポみたいなもんですね。

さすが、輝いてるぅ!

そして、言うまでもなく人が群がっております!

鑑賞中、ふと気がついたのですが、興福寺の阿修羅像は、ジャニーズの「タッキー&翼」みたいな存在なんじゃなかろうかと。滝沢くんだけでもない、今井くんでもない、「タッキー&翼」そのものだなと。
少年時代から、青年になり、30代、40代、50代と年齢を重ねたとしても、きっとナイスダンディぶりを見せつけてくれるだろう、ジャニーズが排出した永遠のアイドル「タッキー&翼」
そう考えると、この人気ぶり、知名度、安定のセクシーさ等、全てに納得がいきました。

永遠のアイドルに出会えたわ…

そんな風に心にとどめて、会場の興福寺仮講堂を後にしました。

阿修羅展看板s

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です